ホーム > 家づくり講座 > 南側道路の家は宝の持ち腐れになることも

南側道路の家は宝の持ち腐れになることも

この土地に家を建てるぞ!と決めるまでに、周りの環境やそこからの眺望、
お隣さんどんな人だろう・・・?と気になって調べられると思います。

その時に、もう1つ確認して欲しいことがあります。

それは、「敷地の方位」です。
敷地の方位とは「目の前にある道路がどっちの方角にあるのか」ということです。

南側にあれば、南入りの敷地。
北側にあれば、北入りの敷地。

敷地の方位のイラスト

 

日当りが大事だよ!と南側に道路がある「南入りの敷地」に飛びついちゃいそうですが、
はたして本当に北入りの敷地は避けた方が良いのでしょうか?

 

いえいえ、そんなことはありません。

南入りの敷地は、宝の持ち腐れになってしまうこともあるのです。

南側道路の家は宝の持ち腐れのイラスト

玄関や駐車スペースは、道路に近いところに配置されますので、
それに伴い建物や庭のカタチがきまってきます。

そうすると、せっかくの明るい南側のスペースが狭められてしまうこともあるのです。



ページトップ

自然素材の家づくり研究会認定証