ホーム > 3つの信条 > 家素材のご紹介

大公開!家素材の中身

こだわり抜いてたどりついた家素材

プラスワンホームの家を選んだお客様が、良かったこととして「アレルギー症状が軽くなった」
「アトピーが良くなった」「ペットが病院通いをやめられた」とおっしゃることがよくあります。

私たちが建てる家は、自然素材100%の家と自信をもって言えます。
お客様の体と心が喜ぶ家づくりに、私たちがどんな建材(家素材)を使用しているいくつかを紹介致します。

木材は手間暇かけた国産の無垢材を使用

海外の安い木材の場合、輸入する時に
木材の中にいる害虫や細菌を殺す為に必ず消毒をしています。
床や壁に使う木材は、直接肌に触れるもの。
そう考えて、私たちは国産の「杉」「檜」を
使用するようにしています。

しかし、単に国産であれば良いというわけでもありません。

杉・桧の比較

特に飫肥杉の床材を特殊な乾燥方法を経て、
「浮造り床板」や「リブ加工板材」にし、
節の殆ど無い商品に仕上げています。

大きな声で言うと自慢話になってしまいますが・・・
結構な時間と手間隙のかかる木材を使用しているんです。

肌触りもやわらかく、とっても体に優しい天然壁材「レーベン」

壁材には、人に優しく、丈夫で、肌触りが柔らかな生きている天然和紙塗り壁材「レーベン」を使用しています。
「レーベン」とは、ドイツ語で「生きている」という意味です。

「レーベン」は、和紙の持つ暖かな肌触りとぬくもりを与え、しかも充分な強度を持ちます。
化学接着剤や化学染料を全く使用していませんので、とても体にやさしい安全な壁材として、自信を持ってお薦めできる製品です。また「レーベン」は、呼吸する壁材です。

夏は湿気を吸収。冬は水分を供給して湿度調整を行います。 このことは、日本の家屋に最も適した壁材であるといえます。

薬品処理が一切していないオーガニックコットンの壁紙

一般的に使用されている壁紙のほとんどが化学薬品を主に作られた製品で、室内汚染や環境汚染との関わりが問題になっております。そんな中、私たちの壁紙には、綿花の栽培には一切の農薬を使わず、その後の製造過程においても一切の化学物質を添加していない綿糸を主素材とした壁紙を使用しています。

開発背景
壁紙は、地域の異業種交流会や自然住宅を目指 すネットワークの人々の協力によって出来ました。出来るだけ自然素材を使用し、地域の地場産業に貢献でき、使っていただく人に害を与えにくく、廃棄の際も環境を汚さないことを目標にしています。

接着剤は、赤ちゃんが舐めても安心。天然糊(のり)を使用

せっかくの無垢の壁板や床板を使用しても、化学ボンドを使って接着していては、100%になりません。
だからといって、米糊は強度が出ないので心配です・・・

そこで、私たちが使用しているのは天然食品接着剤「ノリピタ」

「ノリピタ」は、食材を主成分としているため、化学物質(合成樹脂等)を一切含まず、既存のボンドや糊(のり)よりも7倍の強力な接着力があります。
しかも製品等を処分(処理)する際にダイオキシン等の放出や土壌汚染の問題が一切ありませんので、安心して使用できます。

その他にも、柱は総て国産杉を使用し、大黒柱は奈良県吉野の吉野檜(材齢100年以上) を使用しています。
梁は、集成材はボンドが入っていますので使用せず、熊本県多良木森林組合でとれた燻煙材の一本物を使用・・・という風に
1つ1つの建材にこだわった家づくりをしています。

ただ、その「こだわり」を価格に反映しては、本当の意味でお客様のためとは言えません。
「こだわってもお手頃」では、本物の自然素材を使用しつつ「この金額で建てれるの?」と驚いてもらうための
工夫をご紹介しています。ぜひ、ご覧ください!

ページトップへ

自然素材の家づくり研究会認定証
大公開!家素材の中身